こんにちは!東大卒のクリプト男子タカヒロです。



サッカーの日本代表がW杯ベスト16に入りましたね!


西野監督の采配に賛否両論がありますが、

結果的に決勝トーナメントに進めたので

良かったのではないでしょうか?



6月に引き続き、7月も

寝不足の日々が続きそうです笑





さて、今日の本題ですが、

6/25からRADIAN(ラディアン)というコインの

プライベートセールがスタートし、

日本では、以下の2つのルートで販売が行われている模様です。



・蝶野舞氏が運営するマスタープランプロジェクト

・原田陽平氏の運営する某コミュニティ



このブログをご覧になっている方の中には

「ラディアン」と検索して辿り着いた方も多いようですので、

ラディアンがどのようなコインなのか、

改めて解説したいと思います。


RADIAN(ラディアン)概要


ラディアンは「証券型コイン」と呼ばれ、

概念的には会社の「株」と非常に近いコインのようです。





どういうことかというと、

会社の株式を持っていれば事業の収益から配当がもらえますが、

証券型コインを持っていると、

事業の収益から配当をもらえたり、

事業の収益を使ってコインの価値を上げる施策を打ったりすることで、

ホルダーの価値の上昇が期待できます。




そして、普通の証券型コインは

1つの事業の収益がそのコインの価値の裏付けとなりますが、

ラディアンは複数の事業が価値の裏付けとなっている

世界初の証券型コインです。





これから、ラディアンの6つの特徴について

募集ページを参考にご説明したいと思います。


RADIAN(ラディアン)の特徴① VOY(ヴォイ)と交換価値がある






VOY(ヴォイ)は、ブロックチェーンを使うことにより、

効率的かつ低コストな航空会社のマイレージなどの

ロイヤリティプログラムを提供するプラットフォームです。





VOYのホームページはこちら


ラディアン募集ページの説明によると、

既にアメリカン航空、デルタ航空、ユナイテッド航空など

大手航空会社がVOYと提携していて

各社のマイレージと交換できるということです。



しかし、各社ホームページを見ましたが、

VOYと提携しているというプレスリリースは確認できなかったので、

こちらは未確認事項となります。



ラディアンは、このVOYと交換できるため、

間接的にマイレージが価値の裏付けとなっている

ということのようです。


RADIAN(ラディアン)の特徴② UKGと交換価値がある






UKG(ユニコインゴールド)は、

クリプトス、ビットレックス、アップビットを含む

7つの取引所に上場
し、既に取引されているコインです。



UKGは、1000億円を超える市場規模となっている

e-sportsの分野で有名なユニコーンという会社が発行しており、

ラディアンはこのUKGとも交換価値があるようです。



RADIAN(ラディアン)の特徴③ ORCHIDと交換価値がある






オーキッドは、泉忠司氏が紹介していたICOですね。



アメリカの有名ベンチャーキャピタルの

セコイアキャピタル、アンドレッセン・ホロウィッツ、DFJが

プライベートセールで投資しており、





インターネットを監視やコントロールから

解放することを目指しているプロジェクト
です。



オーキッドは3ケタ億円の資金調達をしており、

一般的に多額の資金調達をしたコインは

リターンが低くなりがちなので、私は投資しませんでした。



しかし、オーキッドのプロジェクト自体はしっかりしているので、

ラディアンがオーキッドと交換できるというのは

面白いと個人的に思います。


RADIAN(ラディアン)の特徴④ MINAとの連携により、価値が上がる仕組みがある






MINAコインは、年利200%の利回りを叩き出す

マイニング事業の収益が価値の裏付けとなっています。




MINAがラディアンの価値を向上させる仕組みとは、

① ラディアンを担保に投資家から資金を調達し、

② その資金でMINAに投資を行ってMINAはイーサリアムをマイニングし、

③ マイニングされたイーサリアムを使ってラディアンを購入する

というプロセスを10回繰り返すことによって、

ラディアンを1024倍にまで高めていく

という計画のようです。


RADIAN(ラディアン)の特徴⑤ 米国SECの認可条件を満たしている






ラディアンは証券型コインとして

SECの認可を受けているようです。



アメリカのSECは、日本の金融庁よりはるかに

認可が厳しいので、本当かな?と思いますが、

本当であればすごいことです。



RADIAN(ラディアン)の特徴⑥ 今後コインサークルが開発するコインと交換価値がある


上記の特徴①~④に出てきた4つのコインを含め、

ラディアンは既に9つのコインがその価値の裏付けとなっており、

今後コインサークルが新しいコインを開発する度に、

そのコインがラディアンの価値の裏付けとして加わり、

そのコインの価値が上昇することで

ラディアンの価値も上昇していくという

よい循環が生まれることを意図しているようです。



RADIAN(ラディアン)を開発したCOINCIRCLE(コインサークル)とは?


以上、ラディアンの特徴についてまとめてきましたが、

ここでラディアンの発行元である

COINCIRCLE(コインサークル)についても

説明しておきたいと思います。





コインサークルは、

ICOのワンストップ・ショップとして

ホワイトペーパーの作成~マーケティング~コインの作成・流通まで

一貫して請け負うということを行っています。




コインサークルのHPはこちら

コインサークルを設立したのは、

エリック・ミラーという人物です。





彼は、UCLAやハーバード、スタンフォードといった

有名大学でビジネスやAIを含むテクノロジーについて学び、

ソニー・ピクチャーズの技術担当スーパーバイザー

スナップチャットのプロダクト・技術担当役員

歴任してきた大物です。



6/26と6/27に東京国際フォーラムで開催された

ブロックチェーンカンファレンスでも

ビットコインジーザスのロジャー・バー

元イーサリアムCEOのチャールズ・ホスキンソン

登壇している中でエリックもゲストスピーカーとして

登壇したようです。







RADIAN(ラディアン)の将来性


個人的な感想としては、

ラディアンはその辺の詐欺的なプロジェクトとは

一線を画す真面目なプロジェクトだと感じています。



しかし、蝶野舞氏がラディアンを拡散したことによって、

質の低い投資初心者がたくさん流入し、

上場した途端に売ろうとするという事態を懸念しています。




どんなに素晴らしいコインであっても、

質の低い投資家が多いとICO割れすることは

十分あり得るため、

私のように今回のプライベートセールに

参加するというのもありですが、

まだ上場先・上場時期などのロードマップも分かっていない段階ですので、

投資初心者の方は、上場後の値動きを確認してから

購入する方が無難かもしれません。


投資のための資金を準備したいあなたへ


仮想通貨の案件に投資するためには、

そのための資金を準備する必要がありますが、

私はアフィリエイトで稼いだお金を

仮想通貨の上場銘柄やICO案件などに

投資しています。



もしあなたが副業で稼いでいきたいのであれば、

まずはネットビジネスのメンターを見つけることをおススメします。



周りにネットビジネスに詳しい方がいれば

その方に教わるのもよいと思いますし、

もしいないようであれば、

私のブログをご覧頂いたのも

何かのご縁かと思います。



ネットビジネス初心者だった私でも

3ヶ月で成果を出すことができた

初心者でも成果の出しやすいアフィリエイト

仮想通貨の独自ノウハウ

知りたいという方は、

以下のメールアドレスにご連絡下さい。

cryptodanshi@gmail.com



なお、ご連絡頂く際には、

あなたのお役に立つアドバイスを

お届けしたいと思いますので、

以下の項目をご記載下さい。

・氏名(ニックネーム可)
・メールアドレス
・すでにこれまで実践したノウハウがあればそのノウハウと結果
・現在興味を持っているノウハウ
・具体的な相談・質門内容(すでにブログ等お持ちの方はそのURL)