こんにちは!東大卒のクリプト男子タカヒロです。


皆さんはFXで勝ち続ける自信がありますか?


FXをやる上では相場分析が大切になりますが、


FX初心者の方は自信がないというのが正直なところではないでしょうか。


そんな場合は、相場のプロに頼ってしまいましょう!


今回は、海外FX口座のXM(エックスエム)で


プロが配信する無料取引シグナル


をご紹介します。


XMの無料取引シグナルを見る方法


まず、XMのホームページから「会員ログイン」をクリックします。


登録していない方は、コチラから登録をどうぞ。




>>リアルFX取引口座を開設する


その後、「取引シグナル」をクリックします。




取引シグナルの概要


XMでは、取引シグナルが毎日2回無料で配信されています。


配信時間は、日本時間の16時と22時(夏時間は、17時と23時)の2回です。


ただし、実際には1時間~2時間遅れて配信されることが多いようです。



写真のように、以下の10種類のシグナルが配信されます。


EUR/USD、GBP/JPY、USD/JPY、GOLD、US30、GBP/USD、EUR/JPY、AUD/USD、OIL、NIKKEI (JP225)


それぞれのシグナルのPDFを開くと、プロの分析に基づくエントリー・損切り・利益確定ポイントを見ることが出来ます。


シグナル配信者は?


XMのシグナルの配信者は、その辺の素人ではなく、


Tradepedia(トレーディング技術の教育ポータルサイト)のファウンダー・CEOであるAvramis Despotis氏が行っています。



Despotis氏の経歴をまとめると、以下の通りです。

20年以上の金融市場における経験

・20,000を超える個人・法人のトレーダーにメンターとして関わってきた

一流の金融機関におけるトレーダーの研修に登壇

・西欧の株式市場の2007年における下落と2009年における上昇を予測

英国テクニカルアナリスト協会に所属する公認テクニカルアナリスト

ファイナンスの修士号を有する

XM(エックスエム)が無料で取引シグナルを配信する理由


XMがなぜ無料で取引シグナルを配信しているかというと、


トレーダーに長く生き残ってほしいからです。


XMは、長くトレードを続けてもらわないと、手数料収入を得ることが出来ません。


そこで、プロの取引シグナルの配信を行うことで、


トレーダーを勝たせようとしている訳です。


勝ったトレーダーは継続的にトレードをしますので、


XMには手数料がどんどん入ってきて、


トレーダーとXMはWin-Winな関係になることが出来ます。

シグナル配信を活用したトレーディング方法


例として、2019年3月21日の10時(日本時間の16時)に配信されたGBP/USDを見てみます。



エントリーポイント(赤色の線)、損切りポイント・利確ポイント(緑色の線)などが表示されています。


その上で、Despotis氏は以下の通りシグナルを配信しています。



初心者の方は、写真の赤枠のところを見てトレードすればよいと思います。


例えば、今回のケースでは、1.3141より下で売りのエントリーとなっていますので、


1.3141で逆指値、1.3080または1.2975で利確、1.3255で損切りを設定すればよいことになります。


FX経験者の方はこの配信を参考に


ご自身の分析を加えて判断してもよいと思いますが、


ご自身での分析が難しいという方は、


最初はあまり大きなロットは張らずに


プロの相場分析を元にトレーディングしてみる


というのも1つの賢明な判断かと思いますので、


参考にしてください。

実際の取引結果


タカヒロは、上に書いたGBP/USDのシグナルを元に実際に取引をしてみました。


その結果がこちら。




1.3141の逆指値は入れていなかったのですが、


1.3141を下回ったのを確認してエントリーし、


きちんと利確することが出来ました。


実際、以下の写真の通り、


この後利確ポイントの1.3080に到達しています。


海外のFX口座を開設するなら、レバレッジ最大888倍で、ボーナスがもらえるXM


この低金利の時代に、銀行にお金を預けておくだけというのは

賢明な選択とは言えません。


これから資産運用を始めようという方は、

まずは FXの自動売買や裁量取引に取り組んでみることをおススメします。


投資をこれから始める方は、

口座開設3,000円ボーナス+入金ボーナス+トレードボーナス

がもらえるXMの口座をまずは開設して、

今回の記事でご紹介した無料取引シグナルを参考に取引を始めてみてください。



>>リアルFX取引口座を開設する